ウォーキングのシューズ、肥満解消とウォーキング、ほかにも・・・

2009.01.29 Thu

ウォーキングのシューズ。ウォーキング用のシューズ選びは大事です。まずはサイズです。きちんと合ったシューズにしましょう。またウォーキング用には軽量シューズではなく少し重さがあるシューズを選びましょう。かかと部分がしっかりしているものを選びます。歩くときに受ける衝撃などをカバーしてくれます。靴底に厚みがあるものも同じような効果があります。
それから、肥満解消とウォーキング。運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動であるウォーキングするということは、体内に酸素を取り込み、体内にある糖質と脂質をエネルギーに換えるという作用により、肥満解消につながります。ウォーキングだけじゃなく、他の運動や食事の工夫も組み合わせることがより効果アップにつながります。
もひとつ、ウォーキング。ウォーキングといえば「歩く」ことですが、特に運動を目的とした「歩き」のことを指して「ウォーキング」と呼んでいます。運動である「ウォーキング」は、単なる散歩とは違います。ウォーキングは運動ですので、歩くといっても一定程度のペースを維持します。だらだらやっても、運動にはならないですからね。ウォーキングでは歩くことに集中します。
ところで、小さな傷。小さな傷といえば、かさぶたができて、それが取れて治るというのが昔から当たり前のことだったと思います。でも最近は、かさぶたを作らないようにして治すというのが通説になっているようです。驚きですね。傷口を乾かすよりも、表面を覆って滲出液を保った方が早く治るのだそうです。
本日最後に、食べ物の管理と食中毒。暖かくなってくると食べ物の管理には注意が必要です。暖かくなると人も過ごしやすいですが、菌にも過ごしやすいので、食中毒の原因になる菌が増殖しやすいからです。食中毒を引き起こすような菌がいても、食べ物の味や匂いは変わらない場合もあるそうです。手洗いと食べ物の管理には注意が必要です。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・初めて英会話
  1. 2009/01/29(木) 06:24:53|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングダイエットと紫外線、ウォーキングのフォーム、ほかにも・・・

2009.01.27 Tue

ウォーキングダイエットと紫外線。ウォーキングダイエットのため日中外を歩くのはいいのですが、紫外線ケアはしっかりしたいですね。ダイエットでせっかくやせても、肌の悩みを増やしては嬉しさが半減してしまいます。曇りでも紫外線は出ているのです。対策として例えば、日が落ちてからとか早朝のウォーキングというのもいいかもしれません。
それから、ウォーキングのフォーム。ウォーキングをしてダイエットをする場合注意しないといけないことがあります。それは正しいフォームで行わないと効果も半減してしまうということです。背筋を正しく伸ばして立つことが大切です。頭のてっぺんを糸で引かれているような感じです。あごを軽く引いて目線を遠くにするのです。分かりましたか?
もひとつ、インフルエンザ。インフルエンザは、ウイルスによって起こる感染症です。発熱や鼻水、せき、筋肉痛、頭痛、のどの痛み等の症状がでます。風邪に似ている症状ですが、発熱はかなり高温となったりします。インフルエンザは、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)とか、流感(りゅうかん)とかとも呼ばれます。家族の誰かがインフルエンザにかかると、皆でインフルエンザということにもなりかねないですね。
ところで、睡眠不足と肥満。睡眠不足だと肥満になりやすいそうです。一見なんの関係もなさそうですし、睡眠不足のほうがカロリー消費が多そうなので、痩せそうなイメージですが、実際には睡眠不足の人は肥満リスクが高いそうです。食欲に関係するホルモンが睡眠不足の場合影響があるようです。つまり食べ過ぎになりやすいようです。睡眠も大事なんですね。
本日最後に、咳がとまらない。最近風邪を引くと咳がなかなか止みません。何週間も咳が続くと言うことも珍しくないので、内科の先生に相談したら、蓄膿症があるのかも知れないということで、耳鼻科にいくことを進められました。そして、咳が出だした次の機会に耳鼻科にいきましたが、蓄膿症ではないものの原因がいまいち分かりませんでした。人の体って難しいようです。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・ひらがな勉強
  1. 2009/01/27(火) 03:39:03|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングダイエットと排気ガス、ウォーキングをしてダイエット、ほかにも・・・

2009.01.25 Sun

ウォーキングダイエットと排気ガス。ウォーキングダイエットでウォーキングするコース選びはとても重要です。ウォーキングは有酸素運動であり、十分に呼吸を行いながらする運動です。その運動が車から排出される排気ガスの多いところで行なわれていれば、むしろ健康的にはマイナスになりかねません。公園などできるだけ排ガスから遠いところで行いましょう。
それから、ウォーキングをしてダイエット。ウォーキングが一時ブームとなったことから、ウォーキングをしてダイエットをしようと考えている人は多いと思います。ウォーキングというのは歩くことで、運動をすることを目的としています。ただ漫然と歩くのとは違います。意識をして歩くことによって、消費カロリーも多くなるし、運動量も多くなるということです。ウォーキングは有酸素運動です。ダイエットを効果的にするには無酸素運動との組み合わせも大事です。ということで簡単な筋トレと組み合わせるのが良いようです。
もひとつ、医療不信・医療不満。病気の治療は重い病気ほど、患者にとっては不安です。治療を受けている医師の説明が少なかったり、分からなかったり、あまりに意外な内容だったりすると益々不安が募ります。かといって、自分の病気について、どう質問していいのかも分からなかったり、医師が気を悪くするかもしれないと勇気が出なかったりで、コミュニケーションが不足する場合もあります。医療不信や医療不満の原因はそのあたりなんでしょうね。
ところで、肺炎と誤嚥。肺炎はよく耳にする病気ですが、かなり怖い病気です。高齢者はとくに肺炎に注意が必要です。一般的には風邪をこじらせて肺炎になるという話をよく聞きますが、風邪だけでなく、誤嚥がもとで肺炎になるというケースもあるそうです。ですので、肺炎予防には口腔の筋肉の訓練や口の中をきれいに保つことも大事だそうです。
本日最後に、アローカナの卵。アローカナの卵って知ってますか?青色の卵です。からが青ですが、割ると普通の卵です。でも、この卵、体にいいと評判です。糖尿病にもいいという話を聞いたことがあります。アローカナって鶏の一種のようですが、珍しいだけじゃなく、体にいい卵を産むのですからファンも多そうです。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・ミシン買う
  1. 2009/01/25(日) 06:29:55|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングの時間帯、栄養機能食品、ほかにも・・・

2009.01.18 Sun

ウォーキングの時間帯。ウォーキングを効果的に行うためにいい時間帯は、食後1〜2時間です。体内にある血糖値と言うのは空腹時には低いし、食事をしたあとだと上がっていますだから適度な値になる食後しばらくしてからの方がいいのです。7時くらいに夕飯を食べて9時くらいにウォーキングを始めるといいかもしれませんね。人通りも車通りも少なくなるためにウォーキングしやすいかもしれません。
それから、栄養機能食品。「栄養機能食品」という用語は、「食品衛生法」や「健康増進法」などに基づいています。「栄養機能食品」とは、食生活において、必要な栄養素(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養素の機能を表示する食品のことです。「栄養機能食品」では、定められた範囲内で栄養機能表示ができます。
もひとつ、いびき。「いびき」は、寝ているときかく「ぐーぐー」とか「ごーごー」とかの、口の中が呼吸によって振動して出る音ですね。気道が狭くなると出やすいようです。いびきは、あまりかかない人と、いつもイビキをかく人がいますね。あまりイビキをかかない人でも、疲れているとイビキをかくこともあります。習慣的にかくイビキはそれほど心配の無いです。
ところで、足の痛み。中高年になると足が痛くなる人が多いです。この足の痛み、体重のかかり方が関わっているようです。筋肉や腱が衰えることで、体重が足にバランスよくかからなくなることが原因だそうです。もとは筋肉や腱の衰えなので、筋肉や腱を鍛える事が根本的な解決策のようです。
本日最後に、ダイエットいろいろ。ダイエットっていろいろな方法があります。これまで様々なダイエット方法が流行っては消えて、流行っては消えていきました。ダイエット方法がこれほど次々に登場するのは、ダイエット方法がどんどん進化しているためなのでしょうか。それとも同じダイエット方法だと飽きてしまうためでしょうか。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・車の買い替え
  1. 2009/01/18(日) 17:26:11|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングダイエットの準備、エイジング、ほかにも・・・

2009.01.14 Wed

ウォーキングダイエットの準備。ウォーキングでダイエット効果をきちんと出すには、ただ歩いてもダメです。正しい歩き方をしなければなりません。ですのでウォーキングをはじめるまえに、歩き方のチェックをきちんとしましょう。上下左右に揺れながら歩いていたり、膝を曲げて歩いていたりしないでしょうか?きちんとチェックしましょうね。チェックを怠ると、思うように効果が上がらないかもしれませんよ。
それから、エイジング。「エイジング」とは、一般に「加齢」とか「老化」などという意味で使われています。よく耳にするのが「アンチエイジング」という形ですね。アンチエイジングにはいろいろな方法がありますが、再生医療の活用は究極の方法の一つでしょうね。期待度の高い方法の一つです。
もひとつ、痛くない注射針。痛みの少ない注射針があると喜ぶ人はおおいです。痛みの少ない注射針があります。超極細の針のため、痛みが少ないのだそうです。テルモの直径0.2ミリの超極細の注射針「ナノパス」は、針が超極細のため注射時の痛みが少ないんだそうです。ちなみに直径0.2ミリは世界で最も細い注射針だそうです。健康診断などの採血で使われる注射針が、0.8ミリだそうですから、その細さは際立ってます。インスリンを一日に数回も自己注射しなければならないような、糖尿病患者を中心に人気のようです。
ところで、薄毛や抜毛が気になる。薄毛や抜毛はとても気になります。女性でも薄毛で困っている人は結構います。また、男性では成人の30%が薄毛や抜毛を認識しているといわれているそうです。意外に多いですね。薄毛の悩みは悩みだすと、とても辛い悩みです。薄毛の原因は、遺伝やストレス、生活習慣などいろいろあり、なかなか一筋縄ではないようです。
本日最後に、女性と発毛剤。女性にも薄毛や抜毛で悩み人は多いです。そんな女性のための発毛剤などの商品が売られています。しかし、店頭ではなかなか手が出ないというのが本音のようです。「この人が使うのか」という他人の目が気になるようです。男の人は発毛剤などを奥さんに買ってもらうという手がありますが、旦那さんが奥さんの発毛剤をを買うケースって少ないですからね。そんなときは、やはりネット通販でしょうか?

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・リスニング教材失敗しない
  1. 2009/01/14(水) 23:51:40|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングと有酸素運動、運動不足、ほかにも・・・

2009.01.09 Fri

ウォーキングと有酸素運動。ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動によって脂肪を燃焼させることができます。人間に必要なエネルギーは、糖分を分解する場合と、脂肪を分解する場合の二つの過程で作られます。この二つの過程は有酸素運動でできます。脂肪を燃焼させてダイエットを成功させましょう。
それから、運動不足。現代人の多くの人が運動不足です。運動不足は、健康を維持する上で決していいことではありません。健康であり続けるためには、運動はとても大事です。ところで運動というと、なんとなくスポーツやジョギングなどをイメージすることが多いと思います。また、ブームがあったビリーズブートキャンプや、ウォーキングなど、といったものを思い浮かべる人も多いでしょうね。運動不足解消に、スポーツやブートキャンプなどのトレーニングを始めるのもいいかもしれません。いっしょにできる仲間がいると、楽しく続けることもできたりします。
もひとつ、医師不足。医師不足は社会問題です。医師不足には、医師の絶対数が不足している側面と、医師が地域的に偏っている側面があります。医師不足への対策としては、医師の数を増やしたり、医師の負担を軽減することや、地域的な偏りを是正するなどいくつかの方法があります。どんどん高齢化が進む中で、医師不足はとても重要な問題の一つです。
ところで、糖尿病食でメタボ対策。糖尿病食がメタボリック症候群対策にいいようです。糖尿病食と聞くと作るのが大変そうですが、いまでは、食材の宅配サービスもあったり、また、レトルトや冷凍食品もあったりします。ですので、栄養についてそれほど知識がなくても意外に簡単に糖尿病食は食べられるようです。レトルトや冷凍食品の場合、野菜やキノコを加えるとさらに健康にいい食事を作る事ができるようです。
本日最後に、不整脈の原因。不整脈は心臓が収縮と拡張を繰り返す拍動に乱れを生じた状態です。不整脈の原因には命にかかわるものと心配ないものがあります。不整脈の原因としては、例えば、心臓の病気や甲状腺の病気、自律神経のバランスの乱れなどがあります。自律神経のバランスの乱れと書くと難しいですが、要は、ストレス、睡眠不足、酒の飲みすぎなどです。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・資格とスキル
  1. 2009/01/09(金) 07:35:53|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキングで何故ダイエット?、うつ病、ほかにも・・・

2009.01.06 Tue

ウォーキングで何故ダイエット?。ウォーキングをすると何故痩せる?今ではあまり疑問を抱く人は少ないかもしれませんね。ウォーキングによるダイエットはいろいろ耳にしますので。歩き始めて大体20分間は血液中にある糖質が燃焼されるそうです。20分以降は血液中にある糖質が燃焼されてしまうので、変わりにエネルギーになる血液中の脂肪を燃焼していくという仕組みになっているそうです。
それから、うつ病。「うつ病」は難しい病気ですね。「うつ病」は心の病です。抑うつ気分などの症状があります。うつ病の場合、励ましてはいけない等ということを聞いたりします。うつ病患者への接し方は安易にはいかなそうです。しかも、うつ病かどうかの判断は素人には難しいようです。うつ病については、専門の医師に相談することが大事です。うつ病の患者数は、潜在的な患者も含めると100万人とか200万人とかともいわれているようです。
もひとつ、アルツハイマー型痴呆症。「アルツハイマー型痴呆症」は痴呆症のひとつです。痴呆症は、本人にとっても、家族にとっても、大変な病気です。痴呆症の家族と生活した人にしか分からない、辛さ・苦しさがあります。テレビドラマや映画などでもアルツハイマー型痴呆症をテーマにしたものが結構ありますので、それを見ると、この病気の大変さや怖さを想像することはできると思います。
ところで、薬害問題。薬害問題が世間を騒がせています。有名な薬害問題では、エイズやC型肝炎に感染した薬害問題があります。治療のための薬で、ほかの怖い病気にかかってしまう薬害は、医療不信の大きな原因です。病気になったときに安心して治療が受けられるように、きちんとした対策がされるといいですね。
本日最後に、インディアンと髪。インディアンにはげがいないという話を、よく耳にします。抜毛や薄毛など、髪の毛を気に病む人にとっては、ものすごく興味を掻き立てられる話です。インディアンというと長い髪の毛が象徴的ですからね。インディアンの髪の秘訣があるのならあやかりたいところです。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・育児イライラ対策
  1. 2009/01/06(火) 18:55:33|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロフィール

けんこ

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約