おからのおやつ、不眠症と布団、ほかにも・・・

2009.12.12 Sat

おからのおやつ。ダイエットの挫折理由に甘いものがやめられなかったという人は多いです。ムリしてガマンしてもリバウンドも怖いです。それならいっそ、カロリーを控えたおやつを代わりに食べることでダイエットに取組んでみてはいかがでしょうか。例えばケーキで、軽くから煎りしたおからを使って小麦粉の量を減らすとか、夏にはおからアイスクリームというのもいいですよ。
それから、不眠症と布団。不眠解消の環境づくりのため布団選びは重要です。とくに敷布団選びがポイントです。睡眠中の身体にストレスがかからないものを選ぶには、仰向けに寝て体が軽いS字になる状態のものがいいです。布団がやわらかすぎると、体が沈みこんで腰に負担がかかります。かたすぎると、身体の血行的によくないです。寝ている間は寝返りを打つものですから、適度なかたさとともに広さも重要です。両手を広げた程度の広さは欲しいですね。
もひとつ、おからダイエットで便通も。おからダイエットで得られる最も大きな効果は便通のようです。ダイエットの中でも食事制限による方法は便秘をさらに悪化させる場合もあります。ところが、おからダイエットなら、おからに含まれる食物繊維が便の量を増やすことで、便の流れを促します。便秘が解消すれば、便と一緒に老廃物質も排出し、美肌つくりにも一役かいます。
ところで、強い睡眠導入剤。ひどい不眠やベンゾジアゼピン系薬剤では効き目がないときに投与される睡眠導入剤に、「バルビツール酸系」の「ラボナ」などの催眠鎮静薬があります。また「シクロピロロン系」のアモバンは超短時間で効き目があらわれる睡眠薬です。不眠のための薬にもいろいろあります。ケースに応じて使い分けることが大事ですので専門家のアドバイスを必ずもらいましょう。
本日最後に、睡眠改善薬のこと。不眠に悩む人の薬のうち、睡眠導入剤や睡眠薬は医師の処方に基づいて購入する事ができます。一方で、一般の薬局で自分で購入できるのが、睡眠改善薬です。ところで日本で初めての睡眠改善薬は、エスエス製薬の「ドリトル」です。またグラクソ・スミスクラインの「ナイトール」などいくつか見つける事ができます。

いろいろなページを少しだけ紹介するコーナー・・・買取り査定比較@中古車のことのさんこうに.ニキビケアニキビ対策/犬のしつけ/草加市.
  1. 2009/12/12(土) 06:42:08|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロフィール

けんこ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約