痛くない注射針、咳がとまらない、ほかにも・・・

2008.09.22 Mon

痛くない注射針。痛みの少ない注射針があると喜ぶ人はおおいです。痛みの少ない注射針があります。超極細の針のため、痛みが少ないのだそうです。テルモの直径0.2ミリの超極細の注射針「ナノパス」は、針が超極細のため注射時の痛みが少ないんだそうです。ちなみに直径0.2ミリは世界で最も細い注射針だそうです。健康診断などの採血で使われる注射針が、0.8ミリだそうですから、その細さは際立ってます。インスリンを一日に数回も自己注射しなければならないような、糖尿病患者を中心に人気のようです。
それから、咳がとまらない。最近風邪を引くと咳がなかなか止みません。何週間も咳が続くと言うことも珍しくないので、内科の先生に相談したら、蓄膿症があるのかも知れないということで、耳鼻科にいくことを進められました。そして、咳が出だした次の機会に耳鼻科にいきましたが、蓄膿症ではないものの原因がいまいち分かりませんでした。人の体って難しいようです。
もひとつ、小さな傷。小さな傷といえば、かさぶたができて、それが取れて治るというのが昔から当たり前のことだったと思います。でも最近は、かさぶたを作らないようにして治すというのが通説になっているようです。驚きですね。傷口を乾かすよりも、表面を覆って滲出液を保った方が早く治るのだそうです。
ところで、高所恐怖症と高所平気症。高所恐怖症と高所平気症は全く異なる反応を示す症状ですね。ともに、高所にいたときの反応なのですが、怖がりすぎなのも、平気すぎなのも問題ということですね。高所平気症は、高層マンションなどで育った子供たちなどにいるようです。まさに、現代病ですね。
本日最後に、骨粗しょう症を歯で診断。歯のエックス線写真で骨粗しょう症を診断できるようです。骨折を起こす前に、骨粗しょう症を発見できると、患者の負担は相当減りますね。助かります。ところで、この広島大学の研究チームが歯のエックス線写真から骨粗しょう症を診断するソフトを開発したそうです。骨粗しょう症の早期発見や治療が大きく前進しそうですね。
投資の話題を紹介。投資信託初めてには、投資のなるほどなと思うことがここに。さんこうにどうぞ。

健康・病気等の情報をここに|多汗症(たかんしょう)多汗症とは、汗が多く出る状態のことです。いわゆる「汗かき」な状態ですね。多汗症に.....|
  1. 2008/09/22(月) 03:11:45|
  2. 健康についての雑談|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロフィール

けんこ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約